Orava Excursions - ランギロア ー フレンチポリネシア 電話 (+689) 87 75 13 90 - (+689) 87 31 92 98

« Lagon bleu »

« Lagon bleu » エクスカーション

ランギロアのティアラ

lagon bleu
Lagon bleu

1つのエクスカーション


1人分の料金
10'000 CFP
83 EUR, 100 USD

所要時間
1日(8時30分~17時30分)

説明

ラグーン内のいくつかのモツ(小島)は、指輪のダイヤモンドのような素晴らしい小さなラグーンをサンゴ礁で作り出しています。

目を見張る鮮やかな色の爆発は見逃せません!
lagon bleu

1日の流れ

dauphin
行き
お迎え
8時15分-30分
オホトゥ埠頭に集合し、8時45分出発

道のり
約1時間
Durée du trajet
午前
到着すると夢のような風景が目の前に現れます!

ボートを停め、サンゴの保護と快適さのために別の小さな平底のボートを使用して小さな島に到着すると、ピクニックに最適な快適で居心地の良いファレ・ポテ(ガゼボ)の陰に落ち着きます。

目の前には光に応じて刻々と色彩を変えていくターコイズブルーの、ランギロアの伝説的な「ブルーラグーン」が広がっています。

海水浴をしたり、一人でまたはガイドと一緒に近くの小島を散策したり・・・完全なリラクゼーションと、ただ何もしないということの甘美さの選択はあなた次第です。
Matinée
昼食と午後
午後1時頃にはスタッフが用意したおいしいピクニックランチが私たちを待っています。リクエストに応じて、スタッフがポリネシアの音楽と歌で私たちを楽しませてくれます。

その後は休憩したり、小さなラグーンの穏やかな海に戻ったり、最後の写真を撮ったり、椰子の葉で帽子や小さなバッグなどを編む短いレッスンに参加する時間はまだあります。ポリネシア人はこれらの工芸品の達人です。

午後3時頃にボートに戻り、出発の前に完全に無害なサメの群れを鑑賞します。エンジン音に惹きつけられて集まってくるブラックチップリーフシャークです。その光景は壮大です。
Déjeuner et après-midi
帰途
午後4時頃にティプタ・パスに着き、イルカが波に乗ってサーフィンをして遊んだりジャンプしたりするのを見るために止まります。

最後はティプタ・パスのラグーン内にある小さな島に立ち寄ります。ここは様々な種類の熱帯魚が豊富で、穏やかで流れから守られている場所なので、「アクアリウム(水族館)」と呼ばれています。

(スノーケルに必要な全ての器材を無料で提供しています)

午後5時から午後5時半頃、出発した埠頭へ戻ります。宿泊施設への送迎が待っています。
Le retour
必要な物
靴または丈夫なサンダル、日焼け止め、帽子、カメラ
Orava Excursions
ランギロア ー フレンチポリネシア 電話:
(+689) 87 75 13 90 - (+689) 87 31 92 98
orava excursions logo
Copyright © 2021 - Orava Excursions - 全著作権所有
ウェブサイト: Polynesia Pulse
Top